みかん47号、出動! (神話・SHINHWA 放送予定)

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

3/5、神話(SHINHWA)カムバック記者会見をオンライン生中継

SHINHWAカンパニーのツィッターでお知らせがありました!


 -----------------
ShinhwaCompany神話カンパニー
SHINHWA COMPANY [news]
14周年を迎えた神話カムバック記者会見
特別生中継! m.net SHINHWAスペシャル ページで~
----------------


こちらです。↓↓

m.net SHINHWAスペシャルページ

mnetshinhwasp


このページで 3/5 OPEN となっている、

 기자회견 생중계 보기
(記者会見 生中継 見る)

から見られるようです。

このm.net 神話記者会見生中継ページのオープンは、
3/5(月)14時となっていました。


その他にも↓の記事によると見られるサイトがあるようですし、
神話カンパニーのYoutubeでも、アップしてくれるかもしれないですね・・・!

当日、私は残念ながらリアルタイムで見るのは無理なので、
神話カンパニーのYoutubeや、
当日の夕方17:00からm.netjapanで放送されるWIDENEWSでも取り上げてくれるかもしれないので、
そちらも録画してチェックしたいと思っています(*^_^*)!


※ご参照
神話カンパニーのYoutubeチャンネル



以下、関連記事2つです。

翻訳機使用、一部意訳しています。

  -----------------

'神話'カムバック記者会見
200ヶ国オンライン生中継


shinhwa2417234540


[ニューシス] 2012年02月24日(金)午後05:23 |

4年ぶりにカムバックするグループ'神話'の
初めての足跡を世界ファンたちが見守る。

24日マネージメント社神話カンパニーによれば、
神話が3月5日ソウル、清潭CGVで開く
'14周年カムバック記念記者会見'が
200余ヶ国にオンラインで生中継される。

神話10集アルバム流通とコンサートを担当した
CJ E&Mが主導する。

エムネットドットコム(www.mnet.com)、
グローバル エムネットドットコム(global.mnet.com)、
CJハロービジョンのtving(www.tving.com)
に接続すれば見ることができる。

神話カンパニーは
"オンライン生中継とともにソーシャルネットワーキングサービス(SNS)
およびコメント連係を通じて、
神話とファン間の双方向コミュニケーション サービスも
提供する"

として
"海外ファンたちと久しぶりに疎通する席になるだろう"
と期待した。

神話は3月中に10集を発表する。
同月24、25日ソウル、オリンピック公園体操競技場で
デビュー14周年記念カムバック コンサート
'THE RETURN'を開催する。

この公演のチケット2万枚は、
13日前売り開始40分で完売した。



   ------------------



神話カムバック記者会見
‘スケールも大きく、全世界生放送中継’


[アーツニュース] 2012年02月24日(金)午後07:01

神話(SHINHWA)がカムバック記者会見を行う。

今年で14周年をむかえるポーイズグループ神話のカムバック記者会見は
全世界ファンたちと一緒にすると知らされて
目を引いている。

シンファ側は
“4年ぶりに神話の姿を見せる初めての席であるだけに、
これを14年間一緒にしたファンたちと
分かち合いたいというメンバーの意により、
リアルタイムでファンたちと疎通できる
オンライン生中継を進める計画"

と明らかにした。




shinhwa2801_L_1


神話のカムバック記者会見が全世界に
オンラインで生中継される。 (c)アーツDB




何より元祖韓流スターらしく、
厚い海外ファン層を保有している神話は
このオンライン生中継を通じて
ファンたちと話を交わす機会になると
期待しているという。


神話カムバック記者会見に対してメンバーエリック
“4年ぶりに神話が集まる初めての公式的な席を
全世界ファンたちと一緒にすることになって、
今からもう胸が躍る”

と所感を明らかにした。



神話は1998年1集‘解決者’でデビュー後、
‘T.O.P’ ‘only one’ ‘hey,come on’等を
連続してヒットさせたのに続き、
2004年にはソウル歌謡大賞で‘Brand New’で大賞を受賞、
名実共に最高のアイドル グループであることを
立証した。



また、以後にもアルバムをずっと発売して
活発な活動を広げたグループで、
このカムバックに対して多くのファンたちの関心が
集められている。

  ------------------
  
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL