神話(SHINHWA)放送予定

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

今週2/23(水)、全国のローソンで神話「VOYAGE」流れます♪、「VOYAGE」日本語訳

2008shinhwa10th02.jpg

全国のローソンで、2/23(水)夜9時2分から
神話(SHINHWA)「VOYAGE」
流れます・・・(≧▽≦)♪


神話9集200804030


Twitter上のローソンツイリクで、
神話ペン皆様がコツコツリクエストしていますが、
まためでたく採用され、今度は神話の曲です♪

2/23(水)夜9時2分からです!!

ご参照:ローソンツイリク番組表


神話「VOYAGE」は、
神話10周年の2008年に発売された9集の収録曲で、
作詞・作曲・編曲がVinkさん、(補作詞:Eric、 David Kim)、
何か懐かしくなるような、泣きたくなるような
そんな美しく切ないメロディーで、
ホントに大好きな曲です・・・(≧▽≦)!!




2008shinhwa10th01.jpg


代わる代わる歌うメンバーの声を聴くと
一人一人の顔が浮かんできます・・・。

そして重なる歌声が心に響きます・・・(T_T)

ザワザワした店内で、
この曲の素晴らしさがどれだけ伝わるか
心配ではありますが、
多くの方に聴いてもらいたいです・・・♪

1189150265_814203_PP07052100005.jpg


「VOYAGE」は韓国語の曲なので、日本語に訳してみました。

歌詞原文は、cyworld MUSICを参考にし、
訳は出来るだけ直訳しましたが、一部意訳しています。


神話(SHINHWA) 「VOYAGE」歌詞 日本語訳

Everything was so easy back then
だから俺たちが一緒にいられたんだ

あの頃は全てが簡単で
お互いに分かり合うことができるのが
あの頃は ただ嬉しかった

君の全てを与えると
最後まで君を信じろと
その時はただ簡単に笑ってしまった

切なげな眼差しと
熱いその息遣いと
共有できないからこそ
より一層大切だった君の秘密みな

全部偽りだったと
とても申し訳ないと
君と共にした思い出たちは消してと

今は全部過ぎたこと
とめどなく涙流しても
離してしまった君の手が恋しくなっても

むしろこれで良かったと
こうして君を忘れるというのが
何事もなかったように易しくはないけれど

あまりにも愛しあった君と俺
別れたことにまだ慣れなくて
だけど分からない
君を忘れられなくて
愛がこうだとは誰が分かっただろう

恋しくて美しかったあなたの微笑
数多くの思い出たちは
俺の中にまだあって

戻ることができるならば
そうすることさえできるならば
君しかいないとだけ伝えたくて


切なげな眼差しと
熱いその息遣いと
共有できないからこそ
より一層大切だった君の秘密みな

全部偽りだったと
とても申し訳ないと
君と共にした思い出らは消してと

今は全部過ぎたこと
とめどなく涙流しても
離してしまった君の手が恋しくなっても

むしろこれで良かったと
こうして君を忘れるというのが
何事もなかったように易しくはないけれど

瞬間すべてのことが
止まってしまったようで

俺は耐えられなくて
見苦しい姿 見せたくなくて

涙隠して何でもないように
君を見送ったけれど Ye・・・

今は全部過ぎたこと
とめどなく涙流しても
離してしまった君の手が恋しくなっても

むしろこれで良かったと
こうして君を忘れるというのが
何事もなかったように易しくはないけれど

今は全部過ぎたこと
とめどなく涙流しても
離してしまった君の手が恋しくなっても

むしろこれで良かったと
こうして君を忘れるというのが
何事もなかったように易しくはないけれど

Baby don't go
どうやって君をみな消せと
誰よりもI love you so
戻ってきてくれ
Think about it take it slow
You see my tears drops
down to the floor
もう君に会えないなんて
Baby Say no more
一瞬でも、
君も、その時が恋しいと

Baby don't go
どうやって君をみな消せと
誰よりもI love you so
戻ってきてくれ
Think about it take it slow
You see my tears drops
down to the floor
もう君に会えないなんて
Baby Say no more
一瞬でも
君も、その時が恋しいと言ってくれ
 
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL