神話(SHINHWA)放送予定

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

ヘソン、12月4、5日ソウルコンサートでソロ4集収録曲も披露!

ヘソンのソウルコンサートについて記事が出ていました(*^_^*)!

とても素敵な公演になりそうで、
今からDVD化に期待しています(爆)!!

ヘソンエリックがフィーチャリングした
「Hello&Goodbye」(こんにちは、そしてさよなら(邦題))と、
「EX-MIND」
の2曲の日本国内での配信が
今日から以下のサイトで始まっています!!

コンサート、そして韓国での復帰に向けて、
ヘソン、ファイティン(*^_^*)!!


シン・ヘソン
「Hello&Goodbye」(こんにちは、そしてさよなら(邦題))
「EX-MIND」


12月1日配信開始
  music.jp
  dwango.jp
  DAM★うた
  TSUTAYAプレミア
  きき放題!うたMAX
  オリコンスタイル
  ポケうたJOYSOUND
  アーティスト公式サウンド
  着信★うた
  iMUSIC(うた)
  うたUSEN
  うたJETS!!
  GETSOUND
  i-MUSIC
  HAPPYうた♪
  My Sound
  GIGAッch
  まるごとステーション
  歌詞×うた♪ハートフルMusic
  ベストヒットJ-POP
  速報musicサーチ
  スーパーヒッツ!着うた&メロ
  メロ.jp
  MUSICO
  ↑K-POP完全版!

12月8日配信開始
  mu-mo
  re-direct

12月15日配信開始
  レコチョク


以下、ソウルコン関連記事です。
翻訳機使用、一部意訳しています。



  -------------

シン・ヘソン年末コンサートで
来年1月発売4集収録曲、初公開


シン・ヘソン2010120109332


ニュースエン [2010-12-01 09:34:19]

歌手シン・ヘソンのコンサート‘Close To You’が
来る12月4日と5日の2日間、ソウル広壮洞
Ax-Koreaで開かれる。

今回の公演は、国内で1年6ヶ月ぶりの開かれる
シン・ヘソンの4回目単独コンサートで、
ファンたちにさらに近く近付こうという意味をこめた
‘Close To You’という副題で開く予定であり、
ソロ デビュー後初めてのファンミーティングをした
意味のある公演会場を選定、
スタンディング形式の公演会場を座席形式に変えて
観客との距離を狭める
などファンとの交歓のための
シン・ヘソンの細心な配慮が引き立って見える
舞台になると期待される。

また、既存の彼のヒット曲らはもちろん、
他の歌手らの曲をリメークするなど
多様なレパートリーで構成して、
アコースティック バンドとストリング チームとの
幻想的な呼吸が交わった名品バラード公演
を披露する予定で
多くの期待を集めている。

また、観客が直接参加して楽しむことができる舞台も準備して
国内だけでなく日本、中国などアジア全域から集まったファンらのための
多様な見どころ
も提供する予定だ。

特に、今回の公演で来年1月発売予定の正規4集に収録される曲を
先駆けて公開する予定
で成り行きが注目される。

アルバム発売前に新曲を公開するのは
非常に異例なことで、1年9ヶ月目に発表した
デジタル シングル「Hello&Goodbye」に続き
ファンらのためのもう一つの驚かせる贈り物になると
期待される。


シン・ヘソンは

“久しぶりに国内ファンのみなさんと会うことになって
非常に嬉しく思います。

長時間待ってくださったファンのためにも
素敵な公演をします。
同時に来年1月に出る正規4集アルバムにも
多くの愛をお願いします”


と所感を伝えた。

一方、シン・ヘソンは来る12月4日と5日開かれるコンサートが終わった後、
最後のアルバム準備に拍車をかけ、
来年1月発売される正規4集も
大きい人気を得ると予想される。

  ----------------


関連記事
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/01 20:37 ] [ 編集 ]
鍵コメ カ様へ
温かいお気持ちがあふれる言葉をいただいて、
こちらこそ嬉しいです・・・(≧▽≦)!!

私も今は北の方にいるので、同じ気持ちです・・・(T_T)

かえってすっぱり諦めが付く部分もありますね・・・。

神話が復活した時のために、今はいろいろと我慢する、
ということでもいいんじゃないでしょうか・・・。
[ 2010/12/01 23:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL