みかん47号、出動! (神話・SHINHWA 放送予定)

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

韓国、政府部署が積極的にドラマ支援・・・

ソン・スンホンさん、キム・テヒさん主演の「マイ プリンセス」と
キム・ガンウさん、ムン・ジョンヒョク(神話エリック)、
東方神起ユノ君出演の「ポセイドン」、
そして「怪しい三兄弟」について、
政府部署などが積極的に支援、という記事が出ていました。


「マイ プリンセス」ソン・スンホンさん、キム・テヒさん
マイプリンセスソン・スンホンキム・テヒ20101124



「ポセイドン」ムン・ジョンヒョク【神話(シンファ・SHINHWA)エリック)
ポセイドンエリック20101113010012435



「怪しい三兄弟」
怪しい三兄弟01


「マイ プリンセス」は、リュ・スヨンさんと
パク・イェジンさんの演技も楽しみです。


ドラマ「ポセイドン」は海辺での撮影もすでにあったようですが、
こんな状況だけに、慎重に撮影してもらいたいです・・・。


この記事には出てきていませんが、
KNTVで放送中の「検事プリンセス」では
本当の検事さんたちが撮影現場訪問なさったりもしていました・・・。

検事プリンセス実際検事訪問01


ご参照:ハン・ジョンス主義!:【再録】「検事プリンセス」、実際の検事さんも注目・・・!!

記事で、特恵採用論議、とあるのは
外交通商部(外交部)長官の娘が
5級事務官特別採用されたことについて
論議が起こったことを指しているようです。


以下、記事です。翻訳機使用、一部意訳しています。


  ----------------

政府部署イメージ刷新
"ソン・スンホン・エリックの恩恵を受けよう"


[ヘラルド経済] 2010-11-25 09:32


政府部署らがソン・スンホンエリックなどを前面に出して
‘イメージ管理’に出た。

これまで、外部露出を敬遠して
庶民とかけ離れたイメージを維持してきた部署らが
最近ドラマ製作にパッと門戸を開いた。

最も庶民的な媒体を通じて、
身近なイメージを作るということだ。

去る9月特恵採用論議が起こった外交部は
‘ソン・スンホン’カードを切った。

正しいイメージのソン・スンホンが財閥出身の外交官、
キム・テヒが皇室の王女として登場する、
MBCドラマ‘マイ プリンセス’制作に協力することにした。


外交部は12月中旬に3~4日間外交部庁舎を、
撮影空間として提供して
外交官生活に対してもアドバイスする計画だ。

これまで‘プラハの恋人’等、
外交官が登場した多数のドラマに
あまり関心を見せなかった外交部が
放送会社製作協力に積極的に応じて
ソン・スンホン、キム・テヒの広報大使任命を検討するのは
非常に異例なことだ。

外交部関係者は

“国民との疎通で特別採用事態以後、
毀損された外交部イメージを改善する”


と話した。

しかし一部では財閥と出生の秘密、
シンデレラ ストーリーが入れられた‘マイ プリンセス’
かえって部署イメージを失墜させるという
憂慮も提起している。



ドラマは、あまり知られていなかった職業の
対国民広報用として活用されたりもする。

海洋警察庁と関税庁は各々来年放映される
エリックキム・ガンウ主演の‘ポセイドン’と、
‘タリフ125’を製作支援する計画だ。



海難救助、対テロなど特殊任務を遂行する海洋警察庁
製作スタッフに警備艦艇とヘリコプターなどを提供して
俳優らの特攻隊関連訓練にも直接出る。

関税庁は庁長が直接ドラマ制作を提案して
職員らからシナリオ アイディアを公募するなど
最も積極的な歩みを見せている。


これまで警察を除いた大部分の政府部署らが
ドラマ制作にはすっきりしない反応を見せてきた。

成功したドラマの主人公を広報大使に任命したり、
撮影場所を提供する線に留まった。

しかし去る上半期、警察が製作協力した
‘怪しい三兄弟’が警察イメージ向上に寄与したという
評価を受けるとすぐに部署関係者たちも
立場を変えている。

‘怪しい三兄弟’で警察は、
正しくて理解の心の多い主人公で登場した反面、
撮影協力に消極的な検察は、検事が恋人を裏切った
幼稚な人間スタイルで登場するのを
見守らなければならなかった。

  ---------------


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL