みかん47号、出動! (神話・SHINHWA 放送予定)

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

「チュノ~推奴~」最後の撮影後のハン・ジョンスさん所感

「チュノ~推奴~」最終回を控えて、
ハン・ジョンスさんのインタビュー記事が
出ていました。

チュノハン・ジョンス公式f01

次のドラマの撮影が、もう始まっているとは言っても、
やはり長い期間かけて撮影した「チュノ~推奴~」が
終了することには寂しいお気持ちに
なっていらっしゃるようです・・・。

視聴者の立場でも寂しいですが、
画面からもチームワークの良さは
とても伺えましたし、
出演者の皆さんも感慨深いんでしょうね・・・。


この「チュノ~推奴~」で人気を得て、
来週から韓国で始まるSBS「検事プリンセス」では
キム・ソヨンさん、パク・シフさんと共に
主演級で出演するハン・ジョンスさん、
年末の演技大賞が、
「チュノ」のKBSと「検事プリンセス」のSBSで
同じ大晦日になってしまいそうなのが
早くも気がかりになっています・・・(^_^;)。


以下、インタビューは少しネタバレにもなっているので、
下へ続けます。







 




 ------------

‘チュノ’ハン・ジョンス
“チャグィに‘オンニ’呼称、屈辱だった!”
(放映終了特集)



[ニュースエン] 2010年03月24日(水)午前07:34

★ ‘チュノ・俳優列伝’ハン・ジョンス編★

'チュノ'で老若男女視聴者たちの愛と関心を受けたキャラクター中
ひとりは他でもないチェ将軍役のハン・ジョンスだ。

ハン・ジョンスは全裸露出(?)に近い
'シャワーシーン'が電波に乗った後、
デビュー以来最も大きい有名税を払ったし
'獣男'というニックネームまで得て
連日ポータル サイト検索語上位圏に上がるなど
言葉どおり'ホットイシュー'を作り出した。

またシノプシスによれば、
彼は早目に亡くなるべきであった。

しかしワンソン(キム・ジソク)と共に
ファン・チョルウン(イ・ジョンヒョク)に
攻撃された以後、生死が不明になると視聴者たちは
"チェ将軍とワンソンを助けてくれ"
という大々的な請願運動を広げた。
結末を控えて結局彼はまた生き返る光栄(?)を得た。

実際、ハン・ジョンスも、
いわゆる'一瞬にスターになった'ケースではない。

ハン・ジョンスは2002年二十九遅れ馳せながら
芸能界にデビューした。

2003年映画'チューブ'を通じて顔を知らせて
2004年映画'顔のない美女'で
キム・ヘスのベッドシーン パートナーで
強い印象を残したが、
大衆が考える彼の存在感は大きく変わらなかった。

しかしハン・ジョンスはあきらめないで
明確な耳目口鼻とカリスマあふれる演技で
黙黙と同じ道を歩いた。

彼の努力と情熱は2007年クァク・ジョンファンPDの
前作のKBS 2TV '漢城別曲-正'と
SBS '王と私' '風の絵師'で徐々に輪郭を表わし始めた。

そして彼はついに'チュノ~推奴'に会って
シナジー効果を出した。

ハン・ジョンスは自身をチェ将軍と同一視した程
キャラクターに没頭して生きた。

多少完璧主義に近い演技に対する欲は
彼を'ハン・ジョンス=チェ将軍'という
公式を成立するようにした。

さらに保守的な性格の中でも
にじみ出る気さくな性格は、
身勝手なテギルたち仲間うちで
唯一正しくて冷静な性分の所有者を演技するのに
一役を買った。

また彼の慎重な態度は劇中将軍というあだ名とは違って
武科試験に数回落第したあげく、
家系断絶と恥辱にあって絶望のドロ沼で
テギルに会ったチェ将軍が
感情におぼれないで博学な面目を見せる、
テギル一派のブレーンとして活躍させるのに
一助となった。

去る21日KBS 2TV水木ドラマ'チュノ'
(脚本チョン・ソンイル/演出クァク・ジョンファン)
最後の撮影を終えたハン・ジョンスは
ニュースエンとのインタビューで

"撮る時はいつ終わるかと思ったが
実際に最終回を撮影したら寂しい"


と打ち明けた。

ハン・ジョンスは引き続き、
本人が考える最高の場面に

"ワンソン(キム・ジソク)が
ファン・チョルウン(イ・ジョンヒョク)に捕えられた後、
私が追いかけて行くシーンが一番記憶に残る"


と挙げて

"後ほどファン・チョルウンと戦って致命傷を受けたので、
どうして忘れるか"


と冗談を言った。

しかし視聴者たちが記憶するチェ将軍の名場面は
他でもないチャグィ(アン・ギルガン)に
"オンニ"という呼称を使った大きな場面。

(中略)
チェ将軍はそれまで、イ・デキル(チャン・ヒョク)にさえ
ただ一度も使わなかった"オンニ"という呼称を使って、
序列整理を確実にしたいチャグィを満足させたこと。


これと関連してハン・ジョンスは

"私にとっても、その場面は屈辱だった"

と笑って答えた。

チュノハン・ジョンス公式f03

"人生、何が楽しくて生きる?
 皆、明日はもっと楽しいことと思って生きることだね"

- 'チュノ'チェ将軍キャラクター紹介中

   ---------------
関連記事
スポンサーサイト
No title
私、後半のワンソンとチェ将軍の扱いについては「大人の事情」があることをわかりつつ、モロモロ、不満はあります。

そのモロモロを語るとかなりのネタバレになるので控えますが、「ここであの2人を絡めたら……」と思う場面が多々ありましたし、なによりチェ将軍のアクションシーンがないとつまらな~い!

せっかくアレ(ぼかしたつもり)したのに、その後の使い方に意味がなさすぎる! と、個人的には思っています。
[ 2010/03/24 23:54 ] [ 編集 ]
R様へ
撮影の順番とかも、どうなってたんでしょうね・・・。

決定が覆ったものの、
覆る前に、その後のシーンも撮っちゃってて、
入れるに入れられなかったとか・・・(^_^;)?

それとも、その辺りはやはり、覆ったけれど
変われなかった部分なんでしょうかね・・・?

今日は何だか通信状態がイマイチでした・・・(T_T)
でも出番少なかったですよね・・・。
いよいよあと、最終回を残すのみですね・・・。
[ 2010/03/25 00:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL