みかん47号、出動! (神話・SHINHWA 放送予定)

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

2010 MBC演技大賞、受賞者一覧!

12/30~31未明にかけて行われた2010MBC演技大賞、
視聴中のドラマのネタバレを見ないように視聴しました・・・(^_^;)

大賞は、男女最優秀賞の発表が終わった時点で、
“大賞、また共同受賞・・・?”と予測がついてしまった方も
多かったんじゃないでしょうか・・・(^_^;)

そんな予想を裏切らない結果でしたね・・・。
とは言え、キム・ナムジュさん、ハン・ヒョジュさん、
おめでとうございます(*^_^*)!!

以下、2010MBC演技大賞、受賞者一覧が出ている記事です。
一覧には別の記事からの写真も加えました。

翻訳機使用、一部意訳しています。

  -------------

キム・ナムジュ・ハン・ヒョジュ、
MBC演技大賞'共同大賞'(総合)


ハン・ヒョジュキム・ナムジュ2010MBC演技大賞

[スターニュース] 2010年12月31日(金)午前00:50

キム・ナムジュとハン・ヒョジュが
MBC演技大賞授賞式で共同大賞を受けた。

キム・ナムジュとハン・ヒョジュは、30日午後
京畿道一山MBCドリームセンターで生放送で進行された
2010 MBC演技大賞授賞式(演出チョン・チャンヨン)で
最高賞の大賞の栄誉に授かった。

二人は今年MBCの最高孝行息子ドラマの
'逆転の女王'と'トンイ'を導いて猛活躍を広げた。

MBC演技大賞で共同大賞が出てきたのは
2008年以後2年ぶり。

当時'ベートーベン ウイルス'のキム・ミョンミンと
'エデンの東'のソン・スンホンが共同大賞を受けた。

キム・ナムジュは'逆転の女王'で堂々としたゴールドミスだったが
結婚後波瀾万丈な変化を経る女主人公チョン・ジエ役で
共感百倍の演技をしてこの日大賞の主人公になった。

2001年ドラマ'彼女の家'以後8年ぶりに昨年、
'内助の女王'でドラマにカムバックしたが、
当時'ミシル'コ・ヒョンジョンに押されて
最優秀賞を受賞したキム・ナムジュは、
その後1年ぶりに同じ席で頂上の位置に立つ感激を
共に享受することになった。

ハン・ヒョジュは去る3月から10月まで60部にかけて
放送されたMBC月火ドラマ'トンイ'で、
タイトルロール、トンイ役を担って
幅広い演技幅を誇示して全世代からの愛を受ける
演技者となった。

特に賎民出身で英祖のお母さんになる淑嬪チェ氏の
成長期を興味深く描き出して、
“全天候”演技者としての面目も共に誇示した。

男女最優秀賞はチョン・ジュノとチ・ジニ、
シン・ウンギョンとコン・ヒョジンとなった。

チョン・ジュノは'逆転の女王'で危機の家長を演じ、
チ・ジニは'トンイ'で“ケバンジョン”粛宗という
新しいキャラクターで愛された。

※ケバンジョン깨방정
 =깨(ゴマ)+
  방정(軽はずみでちょこまかした仕草、おっちょこちょい)

  ~ゴマを炒ると跳ねるように、ちょこまか動き
   軽率、おっちょこちょい、というような意味の造語のようです。


シン・ウンギョンは'欲望の花火'で
欲望の化身として活躍中で、
コン・ヒョジンは'パスタ'の天方地軸料理人で多くの愛を受けた。
 ※天方地軸・・・思慮分別なく振舞う、
         急ぐあまり、やみくもに行動する

6ヶ月を越える放送期間ずっと月火ドラマ頂上を守った
今年MBCの孝行息子ドラマ'トンイ'は、
視聴者が選んだ最高のドラマ賞を受賞した。

やはり視聴者が選んだ最高のカップル賞は
'パスタ'のコン・ヒョジン、イ・ソンギュンとなった。

男女優秀賞はイ・ミンホとパク・シフ、
イ・ソヨンとパク・ウネが並んで受賞した。

パク・シフは'逆転の女王'で“カドナム”、ク・ヨンシク役、
(※カドナム까도남=까칠한 도시 남자・・ぶっきらぼうな都会の男)
イ・ミンホは'個人の趣向'で、ぶっきらぼうな
建築士チョン・ジノ役でとても愛された。

イ・ソヨンは'トンイ'で悪役チャンヒビンを新しく描き出して
多くの愛を受けたし、
パク・ウネは朝の日日劇'ピンクのリップスティック'で
悪役変身を披露して深い印象を残した。

新人賞は晩学の人と新人らが大挙受賞した。

'楽しい我が家'のイ・サンユンと
'エンジョイライフ~愛がすべて' 'イタズラなKiss'のイ・テソン、
'トンイ'のパク・ハソンと'黄金の魚'のチョ・ユニが
各々男女新人賞を受けた。

これらの中、イ・テソンとチョ・ユニは
デビュー8年が過ぎたし、
パク・ハソンはデビュー5年がすぎて
初めての新人賞を受けて感激を加えた。

次は大賞を含んだ2010 MBC演技大賞授賞式
受賞者(作)名簿。




大賞=キム・ナムジュ(逆転の女王)
   ハン・ヒョジュ(トンイ)


ハン・ヒョジュキム・ナムジュ2010MBC演技大賞02


最優秀賞=チ・ジニ(トンイ)
      チョン・ジュノ(逆転の女王)

最優秀賞=コン・ヒョジン(パスタ)
      シン・ウンギョン(欲望の花火)

2010MBC演技大賞男女最優秀賞


優秀賞=イ・ミンホ(個人の趣向)
      パク・シフ(逆転の女王)

優秀賞=イ・ソヨン(トンイ)
     パク・ウネ(ピンクのリップスティック)

男女優秀賞イ・ソヨンパク・ウネパク・シフイ・ミンホ



▲人気賞=キム・ヒョンジュン(イタズラなKiss)
    ハン・ヒョジュ(トンイ)

20101230キム・ヒョンジュンハン・ヒョジュ



新人賞=イ・サンユン(楽しい我が家)
     イ・テソン(エンジョイライフ~愛がすべて、イタズラなKiss)

新人賞=パク・ハソン(トンイ)
     チョ・ユニ(黄金の魚)

イ・サンユンイ・テソン
チョ・ユニパク・ハソン


▲視聴者が選んだ今年のドラマ賞=トンイ

トンイハン・ヒョジュチ・ジニ


▲ベストカップル賞=イ・ソンギュン、コン・ヒョジン(パスタ)

パスタベストカップル


▲特別賞PD賞=楽しい我が家、イ・テゴン(黄金の魚)、チェ・ジョンアン(逆転の女王)

イ・テゴンチェ・ジョンアンPD賞


▲子役賞=キム・ユジョン(トンイ、欲望の花火)、イ・ヒョンソク(トンイ)

キム・ユジョン・イ・ヒョンソク20101230


▲黄金演技賞 助演俳優賞=キム・ユソク(トンイ)、ハ・ユミ(逆転の女王)

キム・ユソクハユミ黄金演技賞


▲黄金演技賞 中堅俳優賞=
    パク・ジョンス(エンジョイライフ~愛がすべて、逆転の女王)
    イム・チェム(エンジョイライフ~愛がすべて)

パク・ジョンスイム・チェム黄金演技賞中堅俳優賞



▲黄金演技賞 連続ドラマ部門=
     パク・サンウォン(黄金の魚)、
     キム・ポヨン(黄金の魚)

キム・ボヨンパク・サンウォン連続劇黄金演技賞


▲功労賞=チョン・ヘソン、ナ・ムニ、ソン・ギョンソプ

チョン・ヘソン20101230


▲家族賞=グロリア

▲ラジオ部門最優秀賞=チョ・ヨンナム(今はラジオ時代)

▲ラジオ部門優秀賞=ペ・チルス(ペ・ハンソン、ペ・チルスの苦戦熱戦)
ヒョニョン(正午の希望曲)

▲ラジオ部門新人賞=ノ・ホンチョル(ノ・ホンチョルの親しい友人)

20101230ノ・ホンチョル


  ----------------

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/31 02:03 ] 韓国ドラマ 雑談 | TB(0) | CM(0)

ドンワン、明日12/31テンテンクラブ一日DJ!

ドンワンの韓国での活動について記事が出ていました(*^_^*)

大晦日にテンテンクラブの一日DJとのことです。

韓国SBSパワーFMは、SBSサイトに登録の上、
ログインすれば、SBSサイトの「オンエア」で
パワーFMを選べば聞くことが出来ます。

大晦日は演技大賞も見たいし、ラジオも聞きたいしで
大変そうです・・・(^_^;)!


いよいよ来年は韓国でもいろいろ芸能番組に出演する
ドンワンが見られそうですね・・・!

ドラマ出演など演技活動も早く見たいです・・・!

ドンワン、ファイティン!!



以下、記事です。翻訳機使用、一部意訳しています。

------------------

招集解除キム・ドンワン、
一日DJで国内活動スタート


ドンワン20101230

[スポーツ朝鮮] 2010年12月30日(木)午前09:28

歌手キム・ドンワンが一日DJで国内活動を始める。

去る7日招集解除後二日後の9日、
ファン ミーティング'召集式'を通じて
国内ファンたちとうれしい出会いを持ったキム・ドンワンは
直ちに日本に渡っていって、初めてのベスト アルバム
'KIM DONGWAN JAPAN PREMIUM BEST'を発売して
記念イベントを開くなど、
日本での成功的なプロモーション日程を消化した。

特に東京、名古屋、大阪、福岡で開かれたファンミーティングは
全席完売される気炎を吐いたし、
キム・ドンワンはTV、ラジオ、ファンミーティングなど
日本プロモーション活動の全日程を、
通訳なしで直接日本語で消化
して
現場関係者たちをびっくりさせるなど
これから続く日本活動に対する期待感を植えてくれた。

成功的な日本活動を終えて帰ってきたキム・ドンワンは
来る31日午後10時から放送されるSBSパワーFM
'Sweet Sorrowのテンテンクラブ'一日DJを通じて
初めての国内活動を始める。


初めての活動をTV芸能番組でないラジオDJで始めるのは
非常に異例なことで、ファンたちと直接交感して
初めての活動の開始を知らせたいキム・ドンワンの
積極的な意志で成り立った。

キム・ドンワンは去る2000年から約2年間、
'キム・ドンワンのテンテンクラブ'を通じて
DJで活躍した経験
があって、
久しぶりにDJとしての実力を発揮すると期待されて、
夜10時から放送される'テンテンクラブ'を通じて
31日深夜12時まで
ファンたちと共にして
2011年新年を迎える意味深い時間を送る予定だ。

キム・ドンワンは
"その間、国内ファンの方々の愛がとても恋しかしかったです。
久しぶりにするDJで震えるけれども、
2010年の最後と2011年の開始をファンの方々と
ご一緒するという事実にさらに震えて期待されます。
今後も多くの愛をお願いします"

として国内活動に対する所感を伝えた。

一方ラジオを通じてファンと共に疎通できる席で
一年を終えて意味あるように活動を始めることになったキム・ドンワンは
2011年1月から各種芸能番組に出演するなど
本格的な国内活動を広げる予定だ。
 

 --------------------








関連記事

“ヘソンがペ・ヨンジュンさんの「韓国の美をたどる旅」OST参加”というのは、誤報・・・

ヘソンがペ・ヨンジュンさんの旅ドキュメンタリー番組
「韓国の美をたどる旅」のOSTに参加した、と
韓国サイトで、記事が出ていましたが、
誤報だ、とヘソン公式サイトに告知が出ました。


以下、Always Hyesungより

  ---------------


2010/12/29

ヘソンがペ・ヨンジュンさんの旅行エッセイOSTへの参加という誤報について

こんにちは。
ライブワークスカンパニーです。

本日韓国で報道のあったヘソンがペ・ヨンジュンさんの旅行エッセイ
“韓国の美しさを探す旅行”ドキュメンタリーOSTへ参加するという内容は
事実ではございません。

ドキュメンタリーの制作会社からこのOSTへの参加の提案を頂いたことは
事実ですが、来月に発売を予定している4thアルバムとの兼ね合いで、
光栄なお話ではございましたが,やむなく辞退させていただきました。

誤報によって、ファンの皆さまにご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

ヘソンは現在来年に発売を予定している4thアルバムの準備に専念しております。
4thに関する進捗はあらためて公式サイトにてお知らせ申し上げます。
ありがとうございます。

 -----------------------



4集準備に専念、ということなので、
それを待ちたいです・・・。

間違った記事をご紹介してしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
関連記事

神話エリック復帰作「ポセイドン」、韓国SBSにて来年5月頃放送開始・・・?

兵役を終えた神話エリックの復帰作、
「ポセイドン」の編成について、一斉に記事が出ていました・・・。

“確定”と書いてあるものもありましたが、
“有力”となっているものもあり、
まだ先の話なので、どうなるのか分からないとは思いますが
上半期という話が現実味を帯びてきて嬉しいです(*^_^*)!!


↓にご紹介した2つ目の記事では、
SBSの月火ドラマで5月頃から、となっていましたが、
チャンミン君の「パラダイス牧場」も、
SBSの月火ドラマで1/24(月)放送開始、と
確定しましたね・・・!

パラダイス牧場チャンミン2010122802

パラダイス牧場チャンミン2010122801


チャンミン君のドラマは、夜9時台のドラマで
この夜9時のドラマ枠は、「パラダイス牧場」で最後とのことです。

なので、「ポセイドン」がSBS月火ドラマで放送されるとしたら
夜10時台のドラマになりますね・・・。

エリックの写真がまたまたカッコよ過ぎです・・・(≧▽≦)♪♪


以下、記事2つです。翻訳機と辞書使用、一部意訳しています。


  --------------

エリック復帰作‘ポセイドン’
来年上半期SBS月火ドラマ放映


エリック20101228

[ニュースエン] 2010年12月28日(火)午後06:54

エリックが復帰作として選択したドラマ‘ポセイドン’が
来年上半期SBS放映を確定した。


海洋警察庁の支援の下、国内最初に制作される、
海洋警察ドラマ‘ポセイドン’は、
海洋警察特攻隊員間の強い同僚愛と犠牲精神を
描き出したドラマだ。

去る10月末の招集解除後初めての作品に入るエリックを始めとして、
キム・ガンウ、キム・オクビン、ユノユンホ、
キム・ガヨン、チョン・ヘビン、キム・ガプス、
ソン・ヒョンジュなどが出演する。

‘オールイン’、‘H.I.T.-女性特別捜査官-’、‘太陽を飲み込め’等
話題作を演出したユ・チョルヨン監督と
‘悲しい恋歌’、‘オー!必勝’等で演出経歴を積んだ
オ・サンウォン監督が共同演出を引き受け、
‘アイリス’を通じてスター作家となった
チョ・ギュウォン作家が執筆する。

  
  ---------------


エリック・ユノ・ユンホ出演‘ポセイドン’、
来年5月SBS月火ドラマ編成‘有力’


エリックユノ201012281919

[マイデイリー] 2010年12月28日(火)午後07:19

歌手兼俳優エリックの軍服務後復帰作、
東方神起メンバー、ユノユンホの出演などで
話題を集めているドラマ「ポセイドン」が
来年上半期SBS月火ドラマで編成されるものと見られる。


「ポセイドン」製作会社関係者は28日午後、
マイデイリーとの通話で
“SBSから来年上半期月火ドラマ枠を
渡すことができるようだという意向書を受けた。
だが、まだ今後、変更が起こりうるもので
編成確定だと話すことはできない”

と明らかにした。

「ポセイドン」が意向書のとおり、
SBS月火ドラマに入るならば、
現在の放映中の「アテナ-戦争の女神-」と
後続「マイダス」が終わった後だから、
5月頃に視聴者たちと会うと予想される。

「ポセイドン」は海洋警察庁の支援の下、
国内最初に制作される海洋警察ドラマだ。

海洋警察特攻隊員間の強い同僚愛と犠牲精神を描く予定で、
エリック、ユノユンホ、キム・ガンウ、
キム・オクビン、キム・ガヨン、チョン・ヘビン、
キム・ガプス、ソン・ヒョンジュなどが出演する。

また‘ポセイドン’は‘オールイン’、‘H.I.T.-女性特別捜査官-’、‘太陽を飲み込め’等を
演出したユ・チョルヨン監督と
‘悲しい恋歌’、‘オー!必勝’等で演出経歴を積んだ
オ・サンウォン監督が共同演出を、
‘アイリス’のチョ・ギュウォン作家が執筆する。

[エリック(左側)-ユノ・ユンホ. 写真=トップクラス、SMエンターテイメント]

  -------------------
関連記事

DATV「シン・ヘソンのMusic Factory #10(最終回)」見ました!

先ほど、DATVで放送された
「シン・ヘソンのMusic Factory #10」【最終回】
見ました・・・!

#10 は、「僕、そして...歌」と題して、
先日の韓国でのコンサート、“close to you”の
楽屋風景から始まりました・・・!

また、ヘソンのナレーションで振り返っていきました。

ご両親も楽屋にいらしていました・・・。

コンサートの模様も流れ、
15歳の男性ペンを舞台に上げての
The Birdsの再現も見られました・・・!

そして、ずいぶん自虐的なVが流れたんですね・・・(^_^;)!
やらせかもしれませんが、偽?のインタビュアーが
街の若い人に
「シン・ヘソンを知ってる?」と聞いて、
誰それ?みたいな反応が返ってくるという・・・。

さらに小さい子には“有名なギャグマン”と嘘を教えて
“「シン・ヘソンさん、これからも笑わせてください」って言って”と、
そんなことまで言わせてしまい・・・(爆)。

「ずいぶん長く休んでしまいましたね」と
ヘソンも笑い飛ばしてましたが・・・(^_^;)。


少しずつですが、他にも何曲か
歌っている部分が流れました・・・。

ヘソンが楽しそうに幸せそうに韓国で
ステージに立っている姿を見られて良かったです・・(*^_^*)!!

今日でついに最終回を迎えてしまい、寂しいですが、
でもまた新たな活動でヘソンに会えますよね・・・♪

ヘソン2010120454



視聴者プレゼントもDATVサイトで始まっています。
(番組の最後に放送されるキーワードが必要です。)

ご参照:DATVサイト【視聴者限定】シン・ヘソン サイン入りほかスペシャルグッズプレゼント!
関連記事