みかん47号、出動! (神話・SHINHWA 放送予定)

神話(エリック、イ・ミヌ、キム・ドンワン、シン・へソン、チョンジン、エンディ)出演のTV番組 放送予定 

「チュノ~推奴~」ost、「烙印」イム・ジェボム 歌詞日本語訳、ふりがな♪

アジアドラマチックTV★so-netで、
4/20から放送が始まるドラマ「チュノ~推奴~」!!

チュノポスターmof01

ご参照サイト
アジアドラマチックTV★so-net 「チュノ~推奴~」


すでに特別番組や予告映像が放送されていて
予告映像の際に流れているのが、
チュノOSTの中の「烙印」(イム・ジェボム)です。

韓国でもかなりこの曲は人気だったようです♪

一度聞くと忘れられないインパクトのある曲ですよね・・・。

歌詞は、チャン・ヒョクさん演じる主人公の
テギルの心情を歌ったもののような感じですが、
チュノに出てくる奴婢たちの普遍的な心情を
歌っているのかもしれません・・・。

チュノハン・ジョンスチャン・ヒョクキム・ジソクof02


OSTは、韓国通販サイトでも売ってますが、
Amazonでも扱っていました。
でも韓国版なので、韓国通販サイトの方が安いと思います。




この「烙印」に、日本語訳と、ふりがなを
付けてみました♪♪

日本語訳は、意訳した部分もあります。
今後、ドラマ放送開始とともに、
ドラマの中で流れた時に、歌詞が字幕で
表示されるかもしれませんし、
それを見たりして随時修正することになると思います。

また、ふりがなについては、
聞こえた音に近くなるように振ったので
正確にハングルから音を読み取ったのとは
ちょっと違っている部分もあると思います。

そういう部分も今後、自分で気づく部分があったり、
ご指摘があれば修正するかもしれません。


そんな訳で100%自信を持てる訳ではありませんが
とにかくとてもいい歌なので、
ぜひ歌詞の意味をかみしめつつ、
熱唱していただけたらいいなと思ったので、
アップしました!!

以下、歌詞と原文です。

※無断転載はご遠慮くださいm(_ _)m


チュノハン・ジョンスチャン・ヒョクキム・ジソクof01

  -----------------

ドラマ「チュノ~推奴~」OST
「烙印」 イム・ジェボム
 
(歌詞・情報出処:nate Q&A、Daum音楽)



胸を 焼くように
涙で うがつように
消すことのできない傷だらけで辛い
俺が生きているのか
世が俺を捨てたのか
一日が一年のように長いな
いつになったら 朝は来るのか



乾いた唇の間から
流れる記憶の息
消そうと消そうとしてみても
心はお前を忘れることができない
悲しみに耐えられなくて 二度と会えなかったとしても
どうしてお前を忘れるだろうか


胸を 焼くように
涙で うがつように
消すことのできない傷だらけで辛い
俺が生きているのか
世が俺を捨てたのか
一日が一年のように長いな
いつになったら 朝は来るのか



消すことはできない長い彷徨の中で
どうしてお前を忘れるだろうか


胸を 焼くように
涙で うがつように
消すことのできない傷だらけで辛い
俺が生きているのか
世が俺を捨てたのか
一日が一年のように長いな
いつになったら 朝は来るのか



小さいうめき声さえ出すことができない程
貧しくて 疲れた気持ちで俺を慰める
これでも駄目ならば 耐えても駄目ならば
凍りついた俺の足取りを
どうやって戻せばいいと言うのか


胸を 焼くように
涙で うがつように
消すことのできない傷だらけで辛い
俺が生きているのか
世が俺を捨てたのか
一日が一年のように長いな
いつになったら 朝は来るのか


いつになったら 朝は来るのか

  -------------------
チュノポスターテギルチャン・ヒョクor01


「추노」OST
낙인 - 임재범 (가사) nate Q&A
작사/글 김종천
작곡 최철호, 김종천


「チュノ~推奴~」 OST 「烙印」 
歌:イム・ジェボム
作詞:キム・ジョンチョン  
作曲:チェ・チョロ、キム・ジョンチョン



가슴을   데인  것  처럼
かすむる でいん ごっ ちょろん
胸を 焼くように


눈물에   패인  것   처럼
ぬんむれ ぺいん ごっ ちょろん
涙で うがつように


지워지지   않는  상처들이    괴롭다
ちうぉじじ あんぬ さむちょどぅり くぇーろぷた
消すことのできない 傷だらけで 辛い


내가  사는  것인지   
ねが さぬん ごっしんじ
俺が 生きているのか


세상이  나를  버린건지
せさに なるる ぽるんごんち
世が 俺を 捨てたのか


하루가  일년처럼       길구나
はるが いんにょんちょろん きるぐな
一日が 一年のように 長いな


그  언제나   아침이올까
く おんじぇな あちみおるか
いつになったら 朝は 来るのか



메마른   두입술    사이로
めまるん とぅいぷする さいろ
乾いた (二つの)唇の 間から

흐르는  기억의  숨 소리
ふるぬん きおぎ すむ そり
流れる 記憶の 息


지우려   지우려  해봐도
ちうりょ ちうりょ へばど
消そうと 消そうと してみても


가슴은   널  잊지  못한다
かすむん のりっち もったんだ
心は お前を 忘れることができない


서러워   못해  다신   볼  수 없다 해도
そろぉ もって たしん ぽるす おぷたへど 
悲しみに耐えられなくて 二度と 会えなかったとしても


어찌   너를  잊을까
おっち のるりっじゅるか
どうして お前を 忘れるだろうか


가슴을   데인  것  처럼
かすむる でいん ごっ ちょろん
胸を 焼くように


눈물에   패인  것   처럼
ぬんむれ ぺいん ごっ ちょろん
涙で うがつように


지워지지   않는  상처들이    괴롭다
ちうぉじじ あんぬ さむちょどぅり くぇーろぷた
消すことのできない 傷だらけで 辛い


내가  사는  것인지   
ねが さぬん ごっしんじ
俺が 生きているのか


세상이  나를  버린건지
せさに なるる ぽるんごんち
世が 俺を 捨てたのか


하루가  일년처럼       길구나
はるが いんにょんちょろん きるぐな
一日が 一年のように 長いな


그  언제나   아침이올까
く おんじぇな あちみおるか
いつになったら 朝は 来るのか





지울수   없는   기나긴   방황속     에서
ちうるず おんぬん きなぎん ぱぁまっそ ぐぇそ
消すことは できない 長い 彷徨の 中で


어찌 너를 잊을까
おっち のるりっじゅるか
どうして お前を 忘れるだろうか


가슴을   데인  것  처럼
かすむる でいん ごっ ちょろん
胸を 焼くように


눈물에   패인  것   처럼
ぬんむれ ぺいん ごっ ちょろん
涙で うがつように


지워지지   않는  상처들이    괴롭다
ちうぉじじ あんぬ さむちょどぅり くぇーろぷた
消すことのできない 傷だらけで 辛い



내가  사는  것인지   
ねが さぬん ごっしんじ
俺が 生きているのか


세상이  나를  버린건지
せさに なるる ぽるんごんち
世が 俺を 捨てたのか


하루가  일년처럼       길구나
はるが いんにょんちょろん きるぐな
一日が 一年のように 長いな


그  언제나   아침이올까
く おんじぇな あちみおるか
いつになったら 朝は 来るのか




작은    신음조차     낼수없을    만큼
ちゃぐん  しんうむじょっちゃ ねるすおっする まんぐむ
小さい うめき声さえ 出すことができない程


가난하고  지친   마음으로  나를   달랜다
かなはご ちぢん まうむろ なるる たるれんだ
貧しくて  疲れた 気持ちで 俺を 慰める

이걸로   안되면    참아도   안되면
いごろ あんでみょん ちゃまど あんでみょん
これでも 駄目ならば 耐えても 駄目ならば


얼어붙은    나의  발걸음을
おろぶっとぅん なえ ぱるごるうむうる 
凍りついた 俺の 足取りを

무엇으로  돌려야    하나
もぅおすぅろ とぅりょや はな
どうやって 戻せばいいと言うのか


가슴을   데인  것  처럼
かすむる でいん ごっ ちょろん
胸を 焼くように


눈물에   패인  것   처럼
ぬんむれ ぺいん ごっ ちょろん
涙で うがつように


지워지지   않는  상처들이    괴롭다
ちうぉじじ あんぬ さむちょどぅり くぇーろぷた
消すことのできない 傷だらけで 辛い


내가  사는  것인지   
ねが さぬん ごっしんじ
俺が 生きているのか


세상이  나를  버린건지
せさに なるる ぽるんごんち
世が 俺を 捨てたのか


하루가  일년처럼       길구나
はるが いんにょんちょろん きるぐな
一日が 一年のように 長いな


그  언제나   아침이올까
く おんじぇな あちみおるか
いつになったら 朝は 来るのか



그  언제나   아침이올까
く おんじぇな あちみおるか
いつになったら 朝は 来るのか


スポンサーサイト

「チュノ~推奴~」最後の撮影後のハン・ジョンスさん所感

「チュノ~推奴~」最終回を控えて、
ハン・ジョンスさんのインタビュー記事が
出ていました。

チュノハン・ジョンス公式f01

次のドラマの撮影が、もう始まっているとは言っても、
やはり長い期間かけて撮影した「チュノ~推奴~」が
終了することには寂しいお気持ちに
なっていらっしゃるようです・・・。

視聴者の立場でも寂しいですが、
画面からもチームワークの良さは
とても伺えましたし、
出演者の皆さんも感慨深いんでしょうね・・・。


この「チュノ~推奴~」で人気を得て、
来週から韓国で始まるSBS「検事プリンセス」では
キム・ソヨンさん、パク・シフさんと共に
主演級で出演するハン・ジョンスさん、
年末の演技大賞が、
「チュノ」のKBSと「検事プリンセス」のSBSで
同じ大晦日になってしまいそうなのが
早くも気がかりになっています・・・(^_^;)。


以下、インタビューは少しネタバレにもなっているので、
下へ続けます。







 

「チュノ~推奴~」、史実との比較記事

4月から、アジアドラマチックTV So-net
放送される「チュノ~推奴~」 、
(邦題、そうなったみたいですね。)、
以前も少し史実とどう違うのか少し
ブログに書いたんですが、
詳しい記事が、また出ていました。

 ご参照当ブログ過去記事
“チュノ”、史実と違う部分も・・・? 


3月中に韓国での放送が終わってしまうので、
4月に、日本で放送が始まるのが
本当に楽しみです・・・(*^_^*)!!


以下、記事です。
翻訳機使用、一部意訳しています。

史実に関わる部分、
出来る限り漢字など調べましたが
間違っているかもしれません。
その点、ご了承くださいm(_ _)m。





  ------------------

奴隷ハンティング・烙印・両班殺害…
'チュノ'、どこまで事実なのか
チュノハン・ジョンスチャン・ヒョクキム・ジソクns1

[ニューシス] 2010年03月07日(日)午前08:58

KBS 2TV水木ドラマ‘チュノ’が
30%を越える高い視聴率を記録中だ。

ドラマが人気を呼んで‘チュノ’の歴史的背景にも
関心が集まっている。
事実と虚構が混在するドラマだ。
奴婢に本当に烙印を押したのだろうか、
チュノ師は実存したか。
ドラマ関連気がかりなことに
韓国学中央研究員が答えた。

‘チュノ’中イ・デキル(チャン・ヒョク)と
チョン・ジホ(ソン・ドンイル)一党は専門チュノ師だ。
これらには、チュノが生計を維持するための手段だ。
ひいては分け前を固く取りまとめることが出来る
人生ロトだ。

18世紀に入って、逃走奴婢が急増した。
当時奴婢らは経済力が以前より向上したが
人格的差別待遇は相変わらずだった。

奴婢らは差別待遇と過重な身代金負担から
抜け出そうとして‘逃亡’を選択した。

奴婢らの逃亡が爆発的に増えるや、
奴婢所有主らはなくした奴婢を探そうと
積極的な方法を模索した。

韓国学資料にチュノ師関連具体的証拠はない。
だが奴婢を追うために
お金を与えて他の人を雇用したという事例は
確認することができる。

‘チュアンクプグクアン(推案及鞫案)’には
“今年8月19日にチュノで慶尚道ピョネに行った。
ピョネで女奴婢2人を売って旅費(路資)にした”、
“自身の家ではチュノに成り下がり
咸鏡道から江原道に向かった”
等の内容が出てくる。

専門職チュノ師が存在すると
断言する訳には行かないが、
これを職業としたチュノ師がある可能性を見せる
大きな題目だ。

チュノをするために奴婢らを雇用したが
これらがことをみな終える前に
その報酬で4、5人の奴婢を支給することを
要請しているという記録もある。

当時チュノに雇用された報酬が
相当したことを推察させる。

チュノを通じて、
多くの収入を上げることはできるが
義に徹することができなくて
呪われるという文も
探してみることができる。

ドラマ‘チュノ’に登場する一部奴婢らの
額、胸などには‘奴’や‘婢’の字が
刻まれている。
‘烙印を押される’という背筋が寒くなった話
そのままだ。

朝鮮時代にも烙印はあった。
しかし奴婢の表式ではなかった。
罪人におりる刑罰の中の一つであった。

朝鮮法典の‘経国大典’には、
盗んだ者の中でその罪が重い者に
‘盗’の字などを刻む
刺字型の話が出る。

供物を私的に盗んだ者に、
この刑罰をおろした事例は
‘朝鮮王朝実録’も時々伝えられている。

また1506年(燕山君12)には
逃亡した奴婢に‘逃奴’あるいは‘逃婢’を
刻むようにしろとの王命が下されて、
実際にそのような型が施行されることもした。

入れ墨を消す方法がなかった伝統社会で
刺字型は永遠に回復することはできない
苛酷な刑罰だった。

出来るだけ自制されて、
有名無実化されて、
1740年(英祖16)に廃止された。

逃亡奴婢に奴婢の烙印を押すのは
刑罰として一時存在することはあったが
なかなか施行されはしなかったと推定可能だ。

奴婢オッボク(コン・ヒョンジン)は
夜ごと残酷に奴婢所有主、両班を殺害する
隠密な組織に属している。
こういう組織が実際にあったのだろうか。

かたい儒教的身分秩序が揺れ始めた朝鮮末期には
こういう話の素材になるほどの事件が
多数発生した。

いわゆる‘殺主契’、‘剣契’等
社会的不満勢力の集いが現れたのだ。

‘殺主契’、‘剣契’は奴婢らが自身の
上典(奴婢の主人の意)を殺そうと
結成した組織だ。

ソウルを中心に組織されたのが特徴なのは
それだけ連帯しやすくて、
都心だと匿名性を維持しやすかったことと
考えられる。

人物中心の外史を記録した歴史の本‘朝野會通’には
1600年代中盤当時
“無頼輩が互いに集まって、係を作って、
殺掠界または赤銅界(?)または剣界などと称して…
避難民の財物を追いかけて行って
奪い取ったり時々人命を害することもした”
と描写した部分が出てくる。

奴婢、庶子などが組織した秘密結社は
自身の主人あるいは両班全体を対象に
テロを敢行したり財産略奪、
または婦女子強奪をした。

ソヒョン世子が仁祖によって毒殺されたという説は
歴史家らによって絶えず主張されている。

ドラマ‘チュノ’でもソヒョン世子が
毒殺されたことを暗示する部分が登場する。

ソヒョン世子は丙子胡乱以後、
弟の鳳林大君と共に清国の人質になって
瀋陽に連れて行かれた。

8年の間の人質生活から抜け出して
1645年(仁祖23) 2月1日朝鮮に帰国した。

しかし漢陽に到着してからいくらも経たない
4月26日、何日か前発病したマラリアが重くなって
死亡した。

元気だった世子が、突然マラリアにかかって
亡くなったという事実によって、
世子毒殺説が広がることになった。

毒殺説を後押しする強い情況証拠は
‘朝鮮王朝実録’にある。

実録記録によれば、ソヒョン世子のマラリアは
1645年4月23日発病して、
3日目の26日急死する程悪化した。

その上、死亡以後には
薬品に中毒したような症状まで現れて
毒殺という疑問が提起されたのだ。

そのほかにも多様な情況らが実録に載っている。

だが他の記録らを探してみれば,
毒殺でないという解釈も可能だ。

‘承政院日記’は世子が帰国する前から
すでに元気な状態ではなかったと伝える。

帰国前後で世子の病気と関連した文が
何度も出てきて、
実録のように元気だった世子が
突然急死したのではないということだ。

‘ソヒョン世子病症と治療に対する研究’で
キム・ジョンドクは
‘瀋陽日記’、‘乙酉東宮日記’等を分析して
ソヒョン世子が病死したと主張する。

世子が清国に連れて行かれた以後、
苦難によって疝症を得て完治しなかった状態だったが
鬱火病があるところに寒気と接触して、
疝症が再発した。

帰国後、医員がこれをマラリアと間違って診断して
治療したせいで死亡に達したということだ。

韓国学中央研究員は、仁祖がソヒョン世子を
毒殺する十分な動機はあったが、
世子の病状がすでに深刻で、
実際に毒殺する必要はなかったことから見る。

ソヒョン世子の死を明白な毒殺だと断定する
具体的証拠がないということだ。

健康が良くない状態で、
引き続き治療を受けている間
適切な治療を受けることができなくて
結局死亡に達したとし
‘医療事故’が死因だと整理した。

仁祖がソヒョン世子を毒殺したという噂で
民心が荒々しかった時、
済州道に島流しされたソヒョン世子の
三男中末っ子ソクキョン(キム・ジンウ)だけ
生き残った。

ドラマでは朝鮮最高の武士であり
ソヒョン世子の忠僕だったソン・テホ(オ・ジホ)が
王孫を脱出させる。

実際仁祖は、二人の孫が島流し先で
相次いで死ぬや、
島流し先でこれらを世話した内人らを捉えてきて
罪を問うことをした。

これと共に他の内人と召使いを
済州道に送って、三番目ソクキョンを
より一層よく見守るようにした。

だが仁祖が孫に愛情を見せたことではないということが
専門家の見解だ。

韓国学中央研究員ヤン・チャンジン室長は
“この記録だけでは愛情を見せたと話すのが
難しい。
もし本当に愛したとすれば、
四才のソクキョンを島流しに
送ってはいないこと”
としながら
“政治的な行動だった可能性が大きい”
と解釈した。

ソクキョンは孝宗の代に達して、
済州から南海、江華島と
流配地を移って、
長い間島流しの暮らしをして
1656年(孝宗7)に解放された。

以後の名前をイ・フィと改名して
1659年(孝宗10)閏3月、
慶安君として封ぜられた。

ソヒョン世子の子孫らは、
皆君と郡主になった。

このような事実は現在伝えられる王室家系図
‘璿源系譜紀略’と‘敦寧譜牒’でも
確認することができる。

イ・フィはホ・ファクの娘と婚姻して、
イ・フン(臨昌君)とイ・ヨプ(臨城君)、
二人の息子を持った。

以後1665年(顕宗6)9月、
温泉に入浴しに行って病気になり
生を終えた。

慶安君の墓は京畿高陽市徳陽区大慈洞山65-2に
ある。
その下にある長男臨昌君の墓とともに
高陽市郷土遺跡第5号だ。

   ----------------


「チュノ(推奴)」、ハン・ジョンスさんインタビュー

昨日ご紹介したインタビューが
実は一部だったようで、
重なる部分もありますが、
改めてアップしました(*^_^*)!

この髪型、すごく素敵です~(≧▽≦)♪

かなり長いので、下に続けます・・・。

“チュノ”、史実と違う部分も・・・?

何かと話題の多いKBSドラマ「チュノ」、
実際はチュノの衣装も、
ああいうワイルドな衣服ではなく
当時、あの身分なら白い韓服だった、だとか
そもそも、あのようなチュノというのは
当時存在しなかった、などという
歴史の専門家の意見を載せた記事も上がってました。

ハン・ジョンスチュノ10011712

衣装に関しては、分かってはいたけど
それでは絵にならないってことで
こういうものになったようですね・・・。


かなりの部分を想像で作り上げたんだとしたら、
ますます作家の方や、衣装担当の方など
関わった方の想像力に敬意を表したいですね・・・。


さて、韓国ドラマでは、ドラマの公式サイトに、
出演している役者さんが文章を上げたりすることが
時々あるんですが、
先日、ハン・ジョンスさんが「チュノ」視聴者掲示板に
文章を上げられていたのでご紹介します。

このまま、年末授賞式に使えそうなくらい
いろんな方への感謝の言葉が並んでいます・・・。

毎年暮れの演技大賞、2009KBS演技大賞も、
先日字幕付きでKBS WORLDで放送されましたね。

最初に“演技大賞”なるものを見た時は
皆さんが何人も感謝する人の名前を列挙するのに
驚きました・・・。

スタッフさんなど裏方の仕事の方への
感謝の言葉も必須ですし、
神様への感謝の言葉をおっしゃる方も多いですね。

どなたも、同じような言葉を並べる訳ですが
私はこういう授賞式が何だか好きなんです。
聞いていると、もらい泣きしそうになってきます。

一人一人名前が挙がった方も、
喜んでいるのかな・・と思うと胸が熱くなります・・・。

2009年のKBS演技大賞では、
「アイリス」キム・ソヨンさんの
機関銃のような感謝の言葉が
後で話題になってましたが、
一見クールな印象のキム・ソヨンさんだからこそ
余計に話題になったように思えました。


ハン・ジョンスさんも今年の暮れの授賞式には、
参加なさるんじゃないかと期待しています・・・。


それにしても、“shyguy”というIDには
毎度突っ込みたくなります・・・(^_^;)。

以下、ハン・ジョンスさんの
視聴者の方へのメッセージです。
翻訳機使用、一部意訳しています。



 -------------

こんにちは。チェ将軍 ハン・ジョンスです。

ハン・ジョンス(shyguy58)

2010年 1月 15日 13:59:35


本当に感謝申し上げます。
昨日やっと4回分が終わった今、
視聴者方々のあまりにも大きい愛と関心に
本当に感謝申し上げます。

視聴者掲示版をしばしば訪ねることはできていないが、
今日久しぶりに入ってきて、
皆さんの大いなる関心と激励に
そのまま見なかったかのように
出て行くことはできなくて、
このように何文字か書いてみます。

私があまりにも文才がないが、
少し理解して見て下さい。^^

私はただ全ての方々に感謝申し上げるという言葉しか
言うべきことがないですね....


こういう良い作品にキャスティングしてくれたクァク監督様、
撮影の時ごとに渾身の力を出す撮影監督様をはじめとする
スタッフの皆さん、
劇の完成度をより一層高める優れた演技者方々、
カッコいいキャラクターを作ってくださったチョン作家様....
その他チュノのために苦労するすべての方
一人一人に深い感謝と同志愛を感じます。

そして最も大きい感謝申し上げるのは
今チュノを視聴して愛して励まして下さる
視聴者方々、本当に感謝申し上げます。

昨日も明け方5時から
今年の冬最高の酷寒と戦いながら撮影をしたが
スタッフの方々と演技者らの情熱は
南漢山城の雪を全部溶かすことができるようでした。^^

これが皆視聴者皆さんの愛と関心の
おかげではないのかと思います。

私どもチュノすべてのスタッフらと演技者らは
最後の撮影まで渾身の力を出すでしょう。

最後まで関心を持って下さって
たくさん愛して下さい。

そして最後にあまりにも足りないことが多い
あのチェ将軍に関心を持たれた
すべての方にも本当に感謝申し上げて、
失望させないチェ将軍になるべく最善を尽くします。
ありがとうございます。

   2010年1月15日午後 ハン・ジョンス 拝

  ----------------